天保8年(1837年)に京都の地で創業し、170余年に渡り京鹿の子絞り製造販売業を営んでおります。

素材の選定から製品に至るまでの一貫した管理の元に商品を企画製造し、良質のオリジナル商品を市場に提供してまいりました。

本物へのこだわり、お客様や取引先の信頼を損なわぬ真摯な努力を大切に日々勤めております。これまで、商品の製造数や出店先を絞り込むことで、お取引先の他店との差別化に大きく貢献をしてまいりました。

これからは、伝統の京鹿の子絞りを継承しクオリティが高く信頼されるお店となるためにも、世界中に京鹿の子絞りの良さ、すばらしさを発信し、より多くの方に商品をご提供していきたいと考えております。

創業よりの手作りの信念を堅くし、良質の商品をご提供いたします。

素材の選定から製品に至るまでの一貫した管理の元に商品を企画製造し、良質のオリジナル商品を市場に提供してまいりました。

本物へのこだわり、お客様や取引先の信頼を損なわぬ真摯な努力を大切に日々勤めております。これまで、商品の製造数や出店先を絞り込むことで、お取引先の他店との差別化に大きく貢献をしてまいりました。

これからは、伝統の京鹿の子絞りを継承しクオリティが高く信頼されるお店となるためにも、世界中に京鹿の子絞りの良さ、すばらしさを発信し、より多くの方に商品をご提供していきたいと考えております。

「絞」は京鹿の子絞りから

伝統産業として認定を受けている「京鹿の子絞」
絞彩苑種田は、初代種田茂兵衛が1837年に創業して以来、この伝統を守ってまいりました。
「彩」「苑」は百貨店の名物催事から百貨店さまの「オリジナルの良品をお得意様へ」の想いに、帯あげ、帯締めといった和装小物も答えるべきであると考え
五代目 種田 登が屋号として
当時、高級呉服の名物催事であった研彩会と絢匠苑から一字づつ頂き絞彩苑と名づけました。