職人の手から手へ、
心を括り染めていく京鹿の子。

絞り染めは、日本では千数百年も前から行われており、衣装の紋様表現として用いられてきました。括(くく)りの模様が子鹿の斑点に似ているところから「鹿の子絞り」と言われます。

平安初期の歌人、在原業平の読んだ百人一首収載の 「ちはやぶる神代も聞かず竜田川韓紅にみずくくるとは」は 水面に映える真っ赤な紅葉の落葉の美しさを、あの素晴しい絞り染めのようだと詠ったものです。

室町時代から江戸時代初期にかけて、辻が花染として盛んに行われるようになり、江戸時代中期には、鹿の子絞りの全盛期を迎えました。

江戸時代の度重なる奢侈禁止令により、贅沢品として歴史の表舞台からは、姿を消した時期もございますが、手先の技はその後も着実に受け継がれて来ています。

 

【 技術的な特徴 】

絞り染めの中でも鹿の子と言われる疋田絞(ひったしぼり)、一目絞(ひとめしぼり)の、その括り粒の精緻さや繊細さ、括りによる独特の立体感の表現は、世界的にも他に類のないものです。

この他、様々な括り技法の持つ表現力を組み合わせて、無数の意匠が表現されています。

【 工程例 】

  1. [ 1 ] 下絵には、青花(お湯につけると消滅するインク)等を用いること。
  2. [ 2 ] くくりは、次のいずれかによること。
    1. ① 疋田絞にあっては、指のつま先で摘まんで四つ折りにし、
       3回以上7回以下糸巻きをした後、引き締めをすること。
    2. ② 一目絞にあっては、指のつま先で摘まんで四つ折りにし、
       2回引き締めをすること。
    3. ③ 傘巻絞にあっては、平縫いにより引き締めをした後、
       「巻上げ」をすること。
    4. ④ 帽子絞にあっては、平縫いにより引き締めをした後、
       防染部分に「皮包み」及び「巻上げ」をすること。
    5. ⑤ 縫締絞にあっては、平縫い、折縫い又は巻縫いによること。
       この場合において、くくり部分は均一に引き締めをすること。
    6. ⑥ 唄絞にあっては、唄絞台を用いて、
       「巻上げ」及び「巻下げ」をすること。
    7. ⑦ 針疋田絞にあっては、針疋田絞台を用いて、          
       3回以上7回以下糸巻きをした後、引き締めをすること。
    8. ⑧ 針一目絞にあっては、針一目絞台を用いて、2回引き締めをすること。
  3. [ 3 ]「染め分け」をする場合には、次のいずれかによること。
    1. ① 桶絞にあっては、平縫いにより引き締めをした後、
       防染部分を桶の中に密閉して染色をすること。
    2. ② 板締絞にあっては、型板を折り重ねた生地の間にはさみ、          
       両端を固定した後、染色をすること。
  4. [ 4 ] 染色法は、手作業による浸染とすること。

詳しくは、 京鹿の子絞 振興協同組合のウェブサイトにてご確認ください

京鹿の子絞振興協同組合

 url. http://kyokanoko-shibori.or.jp/

 〒604-8225 京都市中京区西洞院通四条西北角 京染会館4F
 tel. 075-255-0469 fax.075-255-4690