天保8年(1837年)京都にて創業。

素材の選定から完成品に至るまでの一貫した管理の元に、商品を企画製造しオリジナルティにあふれる製品を市場に提供してまいりました。

本物へのこだわりを忘れず、また新しいものへの変化を恐れず、お客様や取引先の信頼を損なわぬように、日々真摯な努力を大切にしております。これまで、製造数や出店先を絞り込むことで、クオリティの高い特徴ある商品を世に送り出してきました。

これからは、伝統の京鹿の子絞りを継承し、世界中に京鹿の子絞りのすばらしさを発信し、より多くの方に絞彩苑種田らしいと言われる商品をご提供していきたいと考えております。

創業よりの手作りの信念を堅くし、良質の商品をご提供致します。

特に代表商品であります、京絞りの帯揚げを例にとりますと、素材は京都府丹後地方でオリジナルの生地を製造し、絵付け、絞り染分、染色、金彩、刺繍のそれぞれの工程におきましては、京都市内の伝統工芸士の卓越した技術を重層的に結実させることによりに創出しております。

帯あげ、帯じめといった和装小物以外にも、京絞りの風呂敷、ショール、バッグ、のれんやゆかたなども製造しております。京絞りの可能性を広げるため、オートクチュールのドレス素材にも挑戦し、パリコレへの出展も実現いたしました。

今後とも創業よりの手作りの信念を堅くして、良質の商品を提供していきたいと考えております。


「絞彩苑」の「絞」は京鹿の子絞りから

伝統産業として認定を受けている「京鹿の子絞」

絞彩苑種田は、初代種田茂兵衛が1837年に創業して以来、この伝統を守ってまいりました。

「絞」は京鹿の子絞から。「彩」「苑」は当時日本一の売上を誇った百貨店の高級呉服の名物催事、研彩会と絢匠苑から一字づつ頂き絞彩苑と名づけました。百貨店さまの「オリジナルの良品をお得意様へ」の想いに、帯あげ、帯締めといった和装小物も答えるべきであると考えた五代目 種田 登が考案いたしました。

 

帯あげ、帯じめの「絞彩苑」

絞彩苑種田は、手作りの心を大切に、常に新しいものへと目を向け、最新の技術や手法を取り入れることで、業界に新風を吹き込んできました。

昭和初期の帯あげといえばまだ朱色の総絞りしかなかった時代に、部分絞りや金彩、刺繍を施した繊細な色合いの帯あげを発表し、それが現在のスタンダードとなっております。

素材へのこだわりも強く、オリジナルの丹後ちりめん地をベースに疋田絞り、帽子絞り、染分け絞り、刺繍、金彩、友禅、引染めなど、多彩な技術を多層的に施しています。

とりわけ帯揚げへの思い入れは強く、その一例として振袖用の総絞りの帯揚げにおきましては柄点数が現在でも20数点を有し圧倒的なバリエーションを所有致しております。